定例国政ご報告

5月になりました。先月は初夏を思わせる暑い日が続きました。今月も引き続き暑い日が続くと思われます。熱中症対策など、体調の管理に注意してお過ごしください。

熊本地震犠牲者追悼式に参列

4月14日、熊本地震の犠牲者追悼式に参列しました。発生から2年を迎える熊本地震では、250名を超える方々が亡くなるなど、甚大な被害が生じました。

式典では、防災担当大臣として犠牲になられた方々に哀悼の誠を捧げ、追悼の言葉を述べさせて頂きました。

3月に現地熊本を訪問し、復興の現状を視察しました。経済インフラの復旧も進む一方で、活動は震災前の水準に回復し、いまだ約4万人の方々が借り上げ住宅などの仮設住宅での生活を余儀なくされており、復興はまだ道半ばです。熊本のシンボルである熊本城の再建なども含め、引き続き一日も早い復旧・復興に向けて全力を尽くして参ります。

G7安全担当大臣会合に出席

先月下旬、カナダで行われたG7(主要7か国)安全担当大臣会合に出席しました。この会合ではテロリストによるインターネットの悪用を防止するための方策や、サイバーセキュリティなどについて、活発な意見交換が行われました。

私からは、来年開催のラグビーワールドカップや2020年東京オリンピック・パラリンピックなどを見据え、外国人戦闘員に関する情報共有の重要性を改めて指摘するとともに、G7各国に対して、国際テロ対策などに関する協力を求めました。

現地では、フランスのコロン内務大臣を始め、各国の担当大臣と個別に意見交換を行いました。また安全担当大臣会合に先んじて開催された外相会合との合同セッションに河野外務大臣とともに参加し、民主主義の強化などについて議論を行いました。

今回のG7安全担当大臣会合は、日本のテロ対策などを強化する上で大変有意義な機会であったと思います。今回の会合の成果も踏まえ、G7を含む国際社会との間で治安分野における一層の連携強化を進めて参ります。

充実した国会審議を

3月末に今年度予算が成立し、国会では法律案の審議が始まりました。私が所管大臣として担当した古物営業法の改正案も審議され、衆参両議院において全会一致で可決され、成立しました。古物営業法は、中古品やリサイクル品の取扱いを定めた法律で、今回の改正は、営業許可の手続きの簡素化や、中古品の買い取り場所に関する規制を緩和するなどの内容となっています。

このように与野党が協力して法案の審議が進むこともあれば、現在のように国会の審議が円滑に進まない場合もあります。国民の皆様の負託に応えるべく、充実した国会審議を実現する為、私も内閣の一員として、国会議員として引き続き努力して参ります。

JR鶴見駅にホームドアが設置

東神奈川駅、新子安駅への設置を進めます

3月3日より、JR鶴見駅の京浜東北線ホームにてホームドアの使用が開始されました。ホームドアは、ホームからの転落事故や列車との接触事故を防ぐため、国と鉄道会社が協力して設置を進めてきました。京浜東北線沿線では、鶴見駅が神奈川県内初のホームドア設置となります。

国として鉄道会社ともしっかり協力し、引き続き安心安全の確保に全力を尽くして参ります。 JR沿線では、今後2020年6月までに東神奈川駅に設置、その後続いて新子安駅にホームドアを設置する予定です。

20180502164628

▲ JR鶴見駅に設置されたホームドア