国政ご報告申し上げます。

6月になりました。新しい時代「令和」の始まりから1か月が過ぎ、天皇陛下の公務のご様子を拝見する機会も増えてきました。先月末にはアメリカのトランプ大統領が国賓として来日し、日米両国の友好と、北朝鮮問題を始め現在直面している課題に両国がより一層協力して取り組むことを確認しました。天皇皇后両陛下がトランプ大統領夫妻をお迎えする様子などを拝見するにつれて、改めて新しい時代への変化を実感しました。

1月から始まった通常国会も残すところあと約1か月となりました。今国会では、2月に昨年度の第二次補正予算、3月に今年度の当初予算が成立しました。予算は国が政策を実行する柱です。今回の予算で重点的に取り組む政策は、防災、災害への備えです。近年、日本では大きな自然災害が頻発しています。特に昨年は一年を通じて大きな災害が続きました。多くの方々が亡くなられただけではなく、電力を始め、道路や河川、鉄道や空港など重要インフラが激しく損傷しました。

引き続き国民の生命と暮らしをしっかりと守るため、政府は昨年秋に重要インフラの緊急点検を行いました。私も防災担当大臣として関係省庁に指示を行いました。緊急点検の結果、防災や国民生活などの観点から今後3年間で重要インフラを強化する緊急対策を実施することとなりました。第二次補正予算と今年度予算で2.4兆円、来年度までに7兆円規模の緊急対策を実施します。

社会保障制度の充実も進めます。今年10月に予定している消費税の増収分を活用し、全世代型の社会保障制度の構築を進めます。まず待機児童の解消をさらに加速して、保育の受け皿の拡大や保育現場の待遇改善を進めます。今年10月からは、3歳から5歳までの全ての子どもの幼児教育と保育が無償化されます。また来年4月からは経済的な理由で進学を諦めることがないよう、一部世帯の大学や専門学校の授業料を無償化します。高齢者では、介護現場の待遇改善や低所得世帯の介護保険料の負担軽減など、全ての世代が安心できる社会保障制度の実現を目指します。

昨今、子どもたちが犠牲になる大変痛ましい事件や事故が続いています。年端もいかない子どもたちが被害にあう事件が起きるたび、私自身強く胸が締め付けられる思いがします。子どもたちの安全は私たち大人の責任です。学校、自治体、警察はもとより、地域社会が結束して、社会全体で子供たちを守っていくことが不可欠です。皆様のご協力をお願い申し上げます。

 

DSC_0131DSC_0130

令和元年「青年部・青年局全国一斉街頭行動」@鶴見駅東口

「一日も早い帰国実現に向けて!」自民党神奈川県連青年局、学生部の皆様と街頭活動を続けております。

DSC_0127

自民党川崎市連定期総会@高津区

この夏の参議院議員選挙にむけて、各政党の公認立候補予定者が続々と決定しています。自民党からは、現時点で選挙区49名、比例区31名が公認され立候補を予定しています。神奈川県選挙区では、現職の「島村大」参議院議員が2期目の当選を目指し、立候補する予定です。

 

▼島村大参議院議員メッセージ

私が政治家を目指した理由は、社会保障制度を持続可能に、誰もが末永く健康で自分らしい暮らしを全うできる社会を、自分の手で作りたいと考えたからです。

私は平成2年に横浜市で歯科医院を開業し、以来多くの患者さんと向き合ってきました。歯科医院には小さなお子さんから高齢の方まで全ての世代の方が見えます。診療室から日本を見つめているうちに、急速な少子高齢化に対する社会保障制度に危機感が募ってきました。

初当選からこの6年間、国会では歯科医師としての経験を活かし、参議院厚生労働委員会などを中心に、医療や介護を始め、教育や農業など様々な課題に取り組んで参りました。昨年6月に成立した「働き方改革関連法案」の審議では、参議院厚生労働委員長として力を尽くし、法案を成立させることができました。過労死などの悲劇を防ぎ、働き過ぎることなく生き生きと健康に暮らせるよう、国会として法律の運用をしっかりと見守って参ります。

今目指していることは、健康寿命の延伸、真の「健康長寿国、日本」の実現です。若者も高齢者も、誰もが長寿を願い喜べる社会でなければなりません。そのためには、ご本人ができる限り健康でいること、医療・介護を含めた地域社会のサポート体制が充実していることが重要と考えます。

また、一億総活躍社会に向けた人づくりも重要です。子どもたちの誰もが経済事情にかかわらず頑張れる社会、いくつになっても誰もが再チャレンジできる社会。充実感をもって長い間働くことができる仕組み作りにもしっかりと取り組んで参ります。   参議院議員 島村大

DSC_0139

自民党神奈川県連県下統一活動@東神奈川駅

_20190609_145908_20190609_150819

自民党神奈川県連県下統一活動@鶴見駅東口

DSC_0140DSC_0142

島村大参議院議員事務所開き

20190611190443

神奈川災害ボランティアネットワーク(河西英彦理事長)総会

DSC_7302 (640x427) (640x427)DSC_7359 (640x427)

 

夏恒例・横浜の会(司会進行:川崎修平県議)

昨年十月までの一年二カ月、安倍内閣の一員として災害対策や治安対策に全力で取り組んで参りました。緊張の毎日の中、在任中職務に専念することができたのは、ひとえに長年お支え頂いた皆様のご理解の賜物に他なりません。改めて深く感謝を申し上げます。

 また今年四月に行われた統一地方選挙では、県議会議員選挙を始めほとんどの選挙で前回を上回る良い成績を収めることができました。かながわ自民党の責任者として心より御礼を申し上げます。

 本年は夏に参議院議員選挙が行われます。大変厳しい選挙となると思われます。神奈川県選挙区では、現職の島村大参議院議員が二期目を目指し、立候補する予定です。私たち自民党は、引き続き山積する課題の解決に全力で取り組んで参ります。ご臨席の皆様におかれては、変わらぬご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。