自民党成年被後見人の選挙権に関する合同会議

成年被後見人の選挙権に関する合同会議が開かれました。
本日の会議では、これまでの議論に基づいて、与党のPTが中心になって
作成した、公職選挙法等の改正案について議論しました。
この法律案の目的は、まずは現行法で失われている成年被後見人の方々
の選挙権を回復することです。
同時に、これを機会に、公正な選挙の実施を、改めてしっかりと確保できる
ように、現行法に若干の修正を加える内容となっています。
国会は少し荒れ模様ですが、速やかに法案が成立できるように努力して
参ります。
P1000760.JPG
本日も議事進行役です