自民党選挙制度調査会合同会議

成年被後見人の選挙権に関する自民党の合同会議が開かれました。
現在の公職選挙法では、裁判所から成年被後見人の認定を受けると
選挙権を喪失する規定になっており、今回の会議ではこの規定の
見直しについて議論を行いました。
出席したほとんどの議員から、速やかにこれを定めた条文を削除
する等して、選挙権の付与・回復をはかるべきだとの意見が出ました。
併せて、公正な選挙の確保という観点から、現行の代理投票制度等
を利用する場合には、改めて現行制度の問題点を改善して、しっかり
と不正な投票を防止することの重要性が確認されました。
P1000719.JPG
議事進行役です
P1000727.JPG
会議終了後にはマスコミ向けのブリーフィング(説明会)を行います