大阪北部地震

20180618152603

6/18地震発生後緊急開催した大阪北部地震関係省庁対策会議

早朝から対応に当たっている各省庁の担当者が現時点での報告、情報共有を図る。

熊本地震の教訓として、この後に本震が発生する可能性もあるので、しばらく警戒注意が必要。

20180619105030

6/19閣議の記者会見

発言は、昨日の大阪府北部地震の被害状況と政府の対応について、質疑は北部地震への政府調査団の派遣について、小学生の女の子がブロック塀の下敷きになって亡くなったことを受けての対応や所感について、病院船マーシーの寄港について、等の質問がありました。

昨日の地震ですが、午前7時58分頃に大阪府北部を震源とする、最大震度6弱の地震が発生しました。

本日、午前6時30分時点で死者4名、負傷者376名等の人的被害のほか、火災や、家屋、ライフラインへの被害等が確認されております。改めて、亡くなられた方々の御冥福をお祈り申し上げるとともに、被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。

内閣府として、地元自治体と緊密に連携し、災害応急対策を強力に進めるため、昨日、情報先遣チームを大阪府に派遣しています。また、大阪府が府内の12市1町に災害救助法の適用を決定しています。引き続き、政府一体となって被災地の状況、課題、ニーズを的確に把握し、必要な災害応急対策、生活支援等を迅速かつ適切に進めてまいります。

揺れの強かった地域では、家屋の倒壊や土砂災害等の危険性が高まっているおそれがあります。今後も規模の大きな地震が発生する可能性のあることから、家具の固定など、地震への日頃の備えについて改めて確認をお願いいたします。そして、一人住まいの高齢者の方々、あるいは障害者、御自分の力ではなかなか避難できない方々がまだおられると思います。昨日もそういう方々(高齢者)だと思いますが、残念ながらお亡くなりになられました。避難行動要支援者については、その安否確認を確実なものとして、適切な避難行動が図られるようにすることが重要だと存じます。

災害対策基本上、各市町村がそのような方々の名簿を作成し、必要な取組を行うものとされているところではありますが、市町村はもとより、警察、消防、民生委員を始めとした民間団体の方々などが、密接に連携した取組が行われることが何より大切であろうと思います。より、地域の方々がそういう情報を把握されていると思いますので、改めてお年寄り、体に障害を持った方々、特にお一人住まいの方々の情報については、地域でお持ちであると思いますので、改めてそういったことを共有して、もちろん関係府県、災害対策本部ともこの認識を共有しながら声を掛け合っていただきたいと思います。

近畿地方では、明日の明け方から夕方にかけて非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。今後の地震活動や、降雨の状況等に十分注意していただくように、お願いをいたします。

問 今回の大坂の地震で、通学途中の女児が被害に遭いましたブロック塀についてなのですけれども、建築基準法に適合していない違法建築だった疑いがあるということで、大臣の受け止めをお願いします。あと、ブロック塀の倒壊についてなのですけれども、東北など過去の地震でも人的被害が出たりと、危険性が問題視されていたと思うのですけれども、建物ないし施設の管理者に防災上求めるところがあれば併せてお願いします。

答 耐震について、全国的にもう一度確かめる必要は強くあると感じています。市長もそれなりの会見をされたと思いますけれども、まずは今、まだまだいらっしゃるであろう避難できていない方々の安否確認、それの救助、災害の復旧について、第一に力を尽くすべきでありますが、今、言われたことについての確認は、各市町村、国も共有しながら、耐震に努めていくことは重要なことであると思います。

問 先ほど大臣から先遣隊の派遣ということが出ましたけれども、政府の調査団の派遣、また大臣の視察等、御検討の考えがあればお願いします。

答 これは国会の状況等もありますが、相談をしながら検討をしています。

問 現在検討していて、現地と調整に入っているということですか。

答 細かいことは後にしていただきたいと思いますが、私自身がこの目で、やはりしっかりと把握したいと思っておりますので、検討しております。

20180619175007

~日々情報と課題の共有、必要な対処を速やかに~

20180622121627

昨日6/21の大阪視察についての報告、今朝開かれた登下校時の子供の安全確保に関する関係閣僚会議で決定された登下校防犯プランについて発言

質疑は昨日の視察時の被災自治体からの要望について

昨日、安倍総理大臣とともに18日発生した大阪府北部を震源とする地震による被害状況を視察するため、大阪府の茨木市、高槻市に訪問しました。

茨木市では、若園公園で自衛隊による入浴支援活動を視察しました。高槻市では、寿栄小学校においてブロック塀の倒壊により幼い命が失われた悲惨な現場を目の当たりにいたしました。同じく高槻市において、五百住小学校に開設されている避難所を訪問し、避難されている方から、御苦労や不安な心情を直接伺ってまいりました。

高槻市役所では、松井大阪府知事、浜田高槻市長、福岡茨木市長と意見交換を行いました。意見交換の場では、寿栄小学校のような事故を二度と起こさないよう、ブロック塀等の安全点検や修繕といった、子供たちの安全を守るための対策が必要であるということ、単身高齢者が増えていることから、安否確認をどのように進めるかが課題といったお話を伺い、こうした取組や被災者の支援、復旧について更なる支援の要望がございました。知事両市長から意見交換の場で要望書をいただきましたので、早速、関係省庁とも共有いたしました。内容を精査し、政府一体となって必要な対応を取ってまいります。

本日の朝、登下校時の子供の安全確保に関する関係閣僚会議が開催され、登下校時における子供の安全確保に関する今後の対策として、登下校防犯プランが決定されました。

会議では、関係大臣から各府省庁における対策について発言がありました後に、官房長官から、各省庁が連携した効果的な対策の実施、地域に対する支援の強化、推進状況の検証の徹底について指示がございました。

会議でもお話ししましたが、登下校時における防犯対策の推進に当たっては、学校、自治体、警察はもとより、保護者や地域社会の方々が結束し、社会全体で子供を守っていくことが不可欠であると認識を共有したところでございます。

警察として、関係機関と密接に連携して、本プランに盛り込まれた各施策にしっかりと取り組んでまいりたいと思います。

20180622121834

林文子横浜市長から災害救助法の御礼と、大阪北部地震への対応の話、特に市内小中学校のブロック塀の安全性調査のお話がありました。こちらからは昨日の被災地大阪視察のお話、災害救助法の指定基準検討会などについてお話しさせて頂きました。

20180627145418

6/27大西一史熊本市長と課題・情報の共有

熊本地震から2年2ヶ月が経過しました。余震本震が相次ぎ隣接・大分県にまで被害が及んだ教訓もあらためて、共有させて頂きました。