国政ご報告

20180419172453

蒲島熊本県知事と課題の共有

~4/14熊本大地震から2年~

20180419172551

環富士山火山防災連絡会会長、堀内富士吉田市長と課題の共有

地元堀内詔子代議士にも同席頂きました。

20180419151159

本日の国家公安委員会定例会議の状況について申し上げます。警察庁から、人事案件などについて説明があり、原案どおり決定いたしました。その他警察庁から、人口減少時代における警備業務の在り方に関する調査研究の結果などについて報告がございました。以上です。

問 大臣に質問させていただきます。この度、警備業務の在り方に関する調査研究結果が公表されました。これを見ますと、実に多くの警備業者が人手不足を感じているという実態が分かります。警備員の大量需要が見込まれるオリパラまであと2年程ですし、本件についての受け止めと、警察の取組について御所見をお伺いします。

答(大臣)警備業についてですが、少子高齢化・人口減少が進む中、人手不足が深刻な状況にあります。

また、言われました2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会を2年後に控えています。組織委員会の行う施設警備等への的確な対応も期待されるところであります。

お尋ねの有識者検討会の報告書ですが、警備業を巡るこうした情勢を踏まえ、警備業務の在り方に関する今後の方向性について提言を頂いたものであります。

今後とも、警備業が安全で安心して暮らせる社会の実現に一層寄与することとなるように、報告書の提言も踏まえ、業界団体ともしっかりと連携を図り、必要な取組を推進していくように、警察を指導してまいりたいと存じます。